直電、直アポで即効で出会ってエッチが出来るのがツーショットダイヤルです!テレフォンセックスをした相手と仲良くなってさらに親密になったらリアルエッチに発展する可能性も!エッチな人妻や熟女が沢山います!

熟女ツーショットダイヤル

体験談

実話近親相姦!義母や義姉や義妹に好意を抱いてしまいセックスをしてしまう

更新日:

自分の彼女や嫁の義理の母とセックスをしてしまった場合‥。大変変態な話なんですがそのようなケースも有るようです。熟女のセフレから聞いた話ですが彼女の体験談らしく義理の息子と性行為に至ったしまったらしいです。なんとも羨ましいような話ですが嫁とのセックスより、その熟女との情事のほうが多くなってしまってるようです。意外に禁断の行為が世の中で行われているんだなと思った次第です。


3: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:35:04 ID:uWxW7qrs0
346 名無しさん@ピンキー[] 2007/01/05(金) 23:52:26 ID:yU6+suX/0
 正月、義母がうちに来ていた。
 2日に、嫁が友達と初売りに行くと言って出かけた。
 義母も一緒に行きたがっていたが、
 混んでいるし疲れるからやめたほうがいいという話しになって
 (というか、俺がそういう話しにして)
 義母とふたりきりで留守番をした。

 朝からふたりでほろ酔い気分で、こたつに入っていたのだが、
 パジャマのままで肌を上気させている義母に欲情し、
 思わず押し倒してしまった。

4: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:35:40 ID:uWxW7qrs0
347 名無しさん@ピンキー[] 2007/01/05(金) 23:53:45 ID:yU6+suX/0
 義母は本気で抵抗してきて、俺はさんざん殴られ引っかかれたけれど、
 俺は俺で義母を文字通り引きずり回して、パジャマボロボロ。
 泣きながら床を這いつくばって逃げる義母に、さらに劣情を催してしまった。
 上からのしかかって、なんとか股間に指をつっこんで、あそこをぐりぐりまさぐったのだが、
 「やめてー、やめてー」と泣くばかりで、ぬれる気配もいっこうになかった。
 それでもかまわずどでかいクリトリスをいじりつづけていたら、
 ようやくあえぎだして、俺の手をじゃまする義母の手も、本気モードじゃなくなっていって、
 それでも「やめてー、やめてー」と言い続けるので、
 「やめていいんか? やめるぞ?」
 と言ってみたところ、弱々しく、
 「やめないで」
 と。いや、これにはまいった。義母が墜ちた瞬間というのを、感じたね。

5: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:36:15 ID:uWxW7qrs0
348 名無しさん@ピンキー[] 2007/01/05(金) 23:54:56 ID:yU6+suX/0
 ちんぽ入れると、よく言えば豊満、率直に言えばデブな義母の肉がたぷんたぷんと揺れて、
 これまたたまらんものがあった。
 「やめてー、やめてー」と言い続けながらあえいでいる義母に中だししたら、白目をむいてけいれんしていた。
 こりゃいいわ、と、しゃぶらせてはやり、しゃぶらせてはやり、と繰り返していたら、いつのまにか夕方になっていて、
 あわてて着替えさせたものの、義母の顔には涙の後がくっきり。
 嫁が帰ってきて、「なんかあったの?」と怒られる怒られる。本当のことなんか言えっこないけど。

 その後はおそうチャンスもなく(嫁がずっと家にいたので)、昨日家に俺が車で送り届けてきたのだが、
 車から降りるなり玄関へ猛ダッシュ。お茶でもどうぞ、なんてセリフは期待してなかったが、
 ありゃ相当怒ってるな。
 嫁も「まさか」と「もしや」のあいだみたいな顔してるし、この先どうなりますことや

6: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:37:36 ID:uWxW7qrs0
401 346[] 2007/01/15(月) 00:23:50 ID:GHt1D6+O0
 嫁とヤヴァイことになっていて、義母ともヤヴァイことになっている・・・。

 正月以来、嫁はほとんど口をきいてくれない。
 このあいだ久しぶりに会話したと思ったら、「お母さんと何があったの?」
 という話しだったし。
 こっちはしどろもどろだけど、一応、孫をせがまれたのだけれど、
 んなもん授かり物だし約束できない、と会話をしているうちに口論になって、
 義母を泣かせてしまった、と言っておいたのだけど・・・・。
 よく言って半信半疑、まあ、義母を俺が犯したなんて信じたくないから、
 こんな嘘でもだまされておいたほうが気が楽、という感じなんだろうな。

 んで昨日、仕事に出ると言って家を出て、義母の家に行ってきた。
 一応口裏合わせておいてもらわないと、お互い困るだろうし、
 ああも乱暴にしたことについては謝っておきたかったからな。
 最初、義母は玄関を開けてくれなかったのだが、謝りたいから、と言ったら渋々家に上げてくれた。

7: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:38:32 ID:uWxW7qrs0
402 346[] 2007/01/15(月) 00:29:42 ID:GHt1D6+O0
 土下座して謝って、義母の説教を延々と聞かされた。
 いわく、どうしてあんなことをしたのか?
 嫁のことを愛していないのか?
 私(義母)が、娘の顔をまともに見られないようにしてくれて、
 どうするつもりか・・・云々。
 いちいちごもっともなので、下げた頭を上げられなかったけどねぇ。

 でも、俺もアホなんだけど、頭下げながら目は義母の太ももに釘付けだったんだよね。
 ああいう、豊満系の熟女って、やっぱ俺のストライクゾーンなんだよな。
 何十回目かに、どうしてあんなことしたの!?と詰問されて、
 思わず顔を上げて、「お義母さんが魅力的だったからです、欲しかったんです」と答えてしまった。
 「嘘おっしゃい!」と言われて、火に油を注いだようになってしまったけれど、
 涙目で怒ってる義母の顔見てたら、またたまんなくなっちまってなぁ・・・。

8: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:39:02 ID:uWxW7qrs0
414 346[] 2007/01/20(土) 00:47:24 ID:haJueRrZ0
 すまん。こないだは嫁が起きてきて、途中であわてて書き込んだまま放置してしまった。

 ま、俺としては誤り続けるしかなかったわけだが、
 途中から義母の太ももにムラムラ来ていた、と。
 んで、俺、正直にそう言ったんよ。
 「レイプしてごめんなさい。でも、お義母さんを女性として魅力的だと思ったし、肉体的にひとつになりたいと思ったのも、本当です」と。
 義母は激怒というか、呆れるというか、あっけにとられるというか、涙目で俺を見ていたよ。
 その表情がまたたまらなくって。
 途中から、謝ると言うより、頼み込むという感じになってた。
 レイプじゃなくて、普通に男女の関係を結びたい、と。
 嫁は愛しているし、幸せにしたいと思っているけれど、嫁を愛した部分を義母はもっていて、義母の魅力的な部分を嫁が持っていないという現実を、受け入れて欲しい、と。
 嫁を不幸にしない範囲で、義母とそういう関係を続けていきたい、と。

9: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:39:38 ID:uWxW7qrs0
 そのうち義母はがっくりとうなだれて、なんにも言わなくなっちゃった。
 チャーンス、と思って、義母を押し倒そうとしたのだけれど、
 「今日はやめて」 と言われた。
 「今日は」ですよ? 「今日は」。
 じゃあ、今度だったらいいのか?ってハナシデスよ。お義母さんの手を握って、
 「キスさせてください。」と言ってみたら、抵抗しなかったもんね~。
 軽く、チュッとして、
 「いつか、きっと、もういちどひとつになりましょう。」
 と言って帰ってきた。

10: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:40:47 ID:uWxW7qrs0
415 346[] 2007/01/20(土) 00:51:32 ID:haJueRrZ0
 来週ホテルに呼び出す予定。
 一応部屋は取って、嫁には泊まりで出張と言ってある。
 義母に、部屋まで来てくれとメールを打つつもりなのだが、
 どうしようかな? 当日打とうかな?
 なんか、前もってメールして、変に考え込まれてもイヤだしな、と思うんだが。

 今日はなんとか最後で書けたぞ。
 来週の水曜日、俺がひとり寂しくホテルで過ごさずに済むように祈っておいてくれい。

11: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:41:42 ID:uWxW7qrs0
471 346[] 2007/01/28(日) 00:50:30 ID:uRrOVUoh0
 水曜日の報告に来た。

 火曜日の夜に、ホテルへの呼び出しメールを打った。
 その晩は義母から返信なし。
 翌日、やっぱ来ないよなあ~、と半分あきらめつつホテルにひとりで
 チェックインしたところ、義母から電話がかかってきた。
 ホテルには来れない、と。んが、きちんと話をしたほうがいいと思うから、
 家に来るのは構わない、と。
 (そういう話になるまで30分ぐらいかかっているけど、縮めて書くとこうなっちゃう)

12: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:42:12 ID:uWxW7qrs0
 とりあえずホテルを出て義母の家へ。
 このあいだ話し合った部屋で、ふたたび義母と向かい合って座った。
 義母はさめざめと泣いていたね。どうしたらいいのかわからない、と言っていた。
 このあいだの話の繰り返しになったのだけれど、とにかく俺としては、
 義母とやりたいという気持ちでいっぱいいっぱい。
 そこで、今晩だけ、俺が娘の夫であることを忘れて欲しい、
 お義母さんを、一度だけでいいからちゃんと抱きたい、と言ってみた。

13: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:42:44 ID:uWxW7qrs0
472 346[] 2007/01/28(日) 00:56:10 ID:uRrOVUoh0
 義母はついに、「それであきらめてくれるのなら」と。
 (ここまでゆうに2時間はかかってる)
 先にシャワーを使ってちょうだい、と言われてシャワーを浴び、
 部屋に戻ると布団がひいてある。
 義母がシャワーをつかっているあいだ、俺、なんか童貞に戻ったみたいにドキドキしながら、
 布団に入ったものか、畳の上に正座して待っているものか、
 アホみたいに悩みながら、文字通り右往左往していた。

14: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:43:16 ID:uWxW7qrs0
 義母がシャワーから出てきても、ふたりしてどうしていいのかわからずオロオロ。
 バスタオルを巻いただけの義母と俺ふたりで、畳の上に正座して向かい合って
 黙りこくっていた。
 本当に、いい年こいて処女と童貞みたいな感じ。我ながらアホだなと思うけど。

 そのまま数分座っていたら、さすがに寒くなってきて、
 「お義母さん、寒くないですか?」と。
 義母がコクリとうなずいたので、布団をめくって、「どぞ。」と誘ってみた。

15: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:43:47 ID:uWxW7qrs0
473 346[] 2007/01/28(日) 01:05:28 ID:uRrOVUoh0
 ふたりで布団に入ってからは、もう一世一代の大勝負ですわ。
 1時間以上は愛撫してたかな? バスタオルを脱がすまでだけで、
 たぶん20分以上かけたと思う。
 唇から、足のつま先まで、キスしなかったところはないってぐらい丁寧に愛撫した。
 クンニしたら義母がいきそうになるので、クンニしては全身愛撫、全身を愛撫してはクンニ、
 を繰り返し、ついに義母に、
 「お願い、おちんちん入れて。いきたいの。」と言わしめた。
 やった、と思ったねぇ。その瞬間は。
 んで、しゃぶってもらって、挿入。

16: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:44:18 ID:uWxW7qrs0
 ほとんどいれたと同時に義母昇天。
 仕方がないのでゆっくり腰を動かしながら義母再起動を待ち、
 それから本格的に攻めて、最後はほぼ同時に昇天させていただいた。

 結局、もう1回戦、今度もじっくりと愛撫してから合体して、
 ほぼ夜明けまでやりっぱなしの一夜をすごさせてもらった。

17: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:44:49 ID:uWxW7qrs0
474 346[] 2007/01/28(日) 01:10:57 ID:uRrOVUoh0
 終わってから、腕枕をしているときに、
 「どうでした?」と聞いたときの義母の表情は、
 ほんとに可愛かった。
 真っ赤になった顔を俺の腕に埋めて隠そうとするんだもの。

 嫁より先に、あなたに会っていたら、あなたと結婚していたかもしれませんね。
 とくさいセリフを吐いてみたところ、
 「あたし、どうしたらいいの?」と。
 嫁は大切にする。だけど、あなたへの想いをこのまま封印することは、俺にはできない
 と言ってみたものの、
 じゃあセフレでいましょう、と義母が言うはずもなく、とはいっても、義母としても
 俺とこれっきりになれるはずもないぐらいのセックスはできたかな?という自負もあり、
 今後も、嫁に隠れて義母を抱くことになるのかな?というところですな。

 以上、ご静聴ありがとさんでした。

18: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:45:20 ID:uWxW7qrs0
531 346[] 2007/03/10(土) 23:58:11 ID:0DsUMh/s0
 その後の報告に来た。

 1月にかなりしっかり義母とセックスしてから、実はまったくチャンスがない。
 嫁の監視というか誤解が厳しくてね。
 なんかすっかり俺と義母が仲違いをしていると思いこんでいて、
 俺と義母が会わないように彼女なりに気をつかっているというか、
 自分の母親を守っている感じ。
 俺と義母がこういう関係を結んだとは、思いたくないのか、まさかそんなことはないと思っているのか、
 一応疑惑の目は向けられなくなったんだけど。

19: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:45:54 ID:uWxW7qrs0
 先週の週末には、おそらくしびれを切らしている義母から、
 重いものを俺に運んで欲しいと電話があった。
 嫁が電話口でしゃべっていた内容から推察すると、
 嫁は来なくていいと義母は言っていたようだが、
 「いいわよお母さん、私も一緒に行くわよ」と・・・・。

 で、やむなく夫婦で義母宅へ。
 いやー、つらかったなぁ。あの巨乳を目の前に、なんにもできないんだもん。

20: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:46:25 ID:uWxW7qrs0
535 346[] 2007/03/11(日) 00:05:16 ID:RZ3xI9o30
 なんか、本の入った箱かなんかをいくつか動かしたんだが、
 別に動かさなくてもいいものを、なぜそこへ動かす?という場所へ移しただけ。
 嫁が来ることになって、義母なりにアリバイづくりをしたつもりなんであろうことが
 バレバレの感じ。

 途中、お菓子がないから買ってきて、と義母が嫁を追い出したのだけれど、
 そんな近所の買い物のあいだになにかをやらかすわけにもいかないからね。
 キスぐらい期待してるかな?とも思ったけれど、ここは焦らした方が後々のため、
 と思い、あえてシカト。

 こんどまた空出張でも仕込んで、一緒に温泉でも行きたいなとは思っているんだけど。
 ばれたら最悪だからなぁ・・・。

21: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:46:57 ID:uWxW7qrs0
553 346[] 2007/03/13(火) 02:58:10 ID:RSeW9bsR0
 おー、なんか煽られてやな感じ、と思っていたが、
 なんかいい奴が多いな、このスレ。

 懲りずに単発で報告したいことが。

 嫁が、花見に行くらしい。
 どうも友達と、どこか温泉へ行きがてら、という計画がもちあがっているんだと。
 年度末で忙しいから、4月になってからと考えているようで、
 どこらへんがいいかな?と聞かれたのだが、んなこと俺にわかるか!(w

 とにかく、1泊じゃなくて2泊か3泊してきて欲しいと、思わないではいられない。
 ついでに、俺をおいて花見旅行に行くと、義母に伝えておいて欲しいと、
 かなーり強く思わずにいられない。

22: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:47:28 ID:uWxW7qrs0
554 346[] 2007/03/13(火) 03:01:30 ID:RSeW9bsR0
 >>551
 正直、嫁はエロいね。
 青感好きという特徴をお持ちです。

 が、義母との禁じられた交わりにはまっている俺としては、
 彼女とのセックスに若干の物足りなさを感じる。
 今は寒いしね。

24: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 06:55:08 ID:+PhDNGEd0
615 346[] 2007/03/25(日) 23:50:31 ID:Vhyrc6Mp0
 報告と言われても、なにもないので報告できなかった。すまん。

 さっき聞かされたのだが、嫁の花見旅行の日程が決まったらしい。
 4月の、13~15。2泊3日で盛岡から角館へ行くそうな。
 嫁、えらい。2泊、最高。

 義母にメールを打ちたいのだけれど、
 嫁が話しているかどうかわからんから自粛中。

25: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 07:18:31 ID:3NExJNTdO
義母のスペックは?

26: 名無しの@ピンキー 2007/03/26(月) 07:56:36 ID:Zh3ckKE20
346、義母、嫁のスペック希望
あと4月のターゲット日までの仕込み報告希望

38: 名無しの@ピンキー 2007/03/28(水) 23:03:57 ID:Fh8i64Zj0
 僕の場合は――
 嫁が友人たちと旅行へ出かけている時、義母と結ばれた。
お互い酔っ払って、Hな話をしていて、自然とそうなってしまった。
僕はマスオさん状態。義父は単身赴任中。嫁は仕事もしてるし、
しょっちゅう友達と遊びに出かける。だから義母と二人っきりになることが多い。
もちろん僕は以前から義母のことが気になっていた。
義母は50代前半だが、嫁よりスタイルがいい。胸も大きい。
 今では嫁が外出してる時に楽しんでいる。最初は恥ずかしがっていた義母が
だんだん積極的になってきた。
 この前、初めて、嫁が入浴している時にヤッてしまった。僕は躊躇したけど、
義母のほうが我慢できなかったみたい。

 

42: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 19:53:31 ID:LG6R6MMD0
彼女 当時21
義母(になる予定)当時42

彼女と義母は母子家庭でもう父親は他界してた。

彼女と会ったのは19の時でそれから一年後母親に会った。

その当時、こっちは独身で彼女のこと本当に好きだったけど、言い訳になると思うが、
年齢が離れてたために彼女もいずれ心が離れていくだろうという勝手な予測、
そしてそのせいと年下に対してちょっと躊躇があった俺はあまり真剣になれない自分自身もいた。

そんな気持ちを抱えてたため後ろめたさがあり、
彼女の親にばれない様にいろいろ工作して行動してたつもりだった。

でも彼女はスパイのように俺に合わせて行動するくせに、その一方で全部母親に報告してた。

43: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:22:51 ID:LG6R6MMD0
始めて母親に逢ったのはクリスマスの週の週末だった。
それまで何度か呼ばれてものらりくらりかわしてたけど、
クリスマスに大好きな母親一人はかわいそうだからということでしょうがなく逢うという感じだった。
母親は彼女から何もかも報告を受けてたため最初から俺に馴れ馴れしくして、
そして俺を受け入れてくれた。
俺の方も徐々に母親に打ち解けて話してるといつ彼女とエッチしたかとかも全部筒抜けだったことが判明した。

それから奇妙なデート?するようになった。
週末は彼女の実家に泊まって三人で食事→泊まりになったり、
一ヶ月に一度は母親含めて食事や映画するようになったり、
しまいには三人で旅行行ったりするようになった。

彼女の母親は年齢より若く見え、見た目は30代前半という感じで、
彼女と母親の関係は親子というより姉妹のような仲のいい関係だった。
それまで俺と彼女は俺の遠慮からちょっと距離のある恋人?という関係だったけど
母親が入ることで仲のいい三人組が出来上がった。

44: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:26:37 ID:LG6R6MMD0
こういう関係になると、俺は彼女のこと好きだけど母親のことも好きになり始めた。
多分、最初に母親と出会って付き合い、後から娘の彼女とこういう関係になったら
逆に娘(=彼女)にも恋心抱いてたと思う。
そう考えると今の状態がベストだと思いなんとか感情を抑えることが出来た。

そうこうしてるうちに母親と逢ってから一年経ち、正月に彼女の実家で三人で正月休みを過ごす事になった。
大晦日まではみんなで大掃除や買出し、お節料理作ったりして過ごした。
一年の彼女とのヤリ収め?も30日の夜にコッソリ済ませて、三人で大晦日を向かえた。

それから除夜の鐘を聞いて、3人でちょびちょび飲みながらこれから見る初夢の話や、
四方山話してるうちにエッチな話になってきた。
その話の中でいきなり母親が「姫始めはこの後やるの?」と聞いて来た。
俺はびっくりしてむせたけど、彼女は平気でニヤニヤこっち見ながら「どうするの?」と聞いてきた。
俺は困りながら、「どうだろ?」と言い返すと、勝手に彼女と母親がエッチな話を進めていった。

45: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:28:34 ID:LG6R6MMD0
彼女「お母さん、姫始めはいつするの?」
母親「相手がいないわね、39ちゃん(あだ名)、相手してくれる?」
彼女「えー、だめーーー、でもいいよ」

俺と母親はむせた。

続けて彼女
「だってお母さんもう彼氏作る気ないでしょ?
今までだってけし掛けてたのにぜんぜん作る気配ないし、
大好きなお母さんだったら39ちゃん少し貸してあげる」

俺と母親あんぐりしたけど次の瞬間、母親は真っ赤になって
俺の方はどう見られてたか分からないけど心臓バクバクだった。

46: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:31:11 ID:LG6R6MMD0
俺「冗談でもそんなこと言うなよ(汗」
彼女「冗談じゃないよ。前からお母さんのこと大切だと思ってるし、
39ちゃんがお母さんのこと変な目で見ない身近な男性だから」
俺「そんなことないよ、俺だって男だから○○さん(お母さんの呼び名)
きれいだからドキドキすることあるよ」
俺は気が動転してて、彼女が訳分からない理由を持ち出したので、
なぜかこっちも訳分からない理由で反論したつもりだった。

母親がびっくりしてた。

彼女「だったらいいでしょ?」
俺「○○さんの意見無視すんな」と言いながらドキドキしてお母さん見た。

母親「・・・」

47: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:31:52 ID:LG6R6MMD0
彼女「お母さんどうなの? 前から二人いい感じだと思うよ。
私がいなかったら二人お似合いだったと思う」
母親「もっと若かったらと思うけど・・・それにあなたと付き合ってるでしょ」
彼女「だからいいって言ってるでしょ」

俺、母親「・・・」

そしたら彼女突然、母親襲いだしてビックリした。
母親ともみくちゃになってたけど、母親の方は家にいる事が多くてあまり酒飲むことが無くて
少しのお酒で酔っ払ってたためたいした抵抗できずにすぐ服を脱がされてしまった。

俺は唖然と見てたけど、母親が「助けて」じゃなくて「電気暗くして」って言ったんで
俺は何も考えられずに、言われたとおり電気を豆球に変えた。

彼女「39ちゃんこっち来て」

48: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:33:08 ID:LG6R6MMD0
彼女は普段は決してこういうことする女性じゃないしエッチだって普通に恥ずかしがる女性なので
ビックリしてたが混乱してたため言われたとおり寄って行ってしまった。

母親「あんまり見ないで、優しくして」

俺はそれまで気が動転してたけど少し冷静になって覚悟決めた。
そして、この状況はあまりにもひどいので、彼女にちょっと確認した後に覗くなと言い、
母親の寝室に母親と二人で行くことにした。

その後は母親にも意思を確認した後、二人で普通のエッチを始めた。

49: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:35:02 ID:LG6R6MMD0
キスをしたら最初は息を止めてたけど、こらえ切れなくなって
口をあけたときに舌を滑り込ませた。
それからはねっとりとしたキスをして、口を離して母親の表情を観察して、
またキスをしてと繰り返してると、母親の方からキスをねだるようになって、
キスすれば舌を絡めるようになってきた。

俺「××(彼女)のこと好きだけど、○○さんのことも好きです。」
母親「ありがとう、私も」

服を脱を脱がそうとすると協力的に体を動かしてくれたし、
服を脱がすともう乳首も立ってた。
それから愛撫すると堪えようとするけど声が漏れるてくるので
俺はそれに凄く興奮した。

50: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:36:34 ID:LG6R6MMD0
口の愛撫を乳首からわき腹、へその部分から太ももに移動すると
恥ずかしそうに手であそこだけは隠してた。

その手をとって内股からあそこに近づいて行くと、
「見ないで恥ずかしい、汚いよー」
と言うちいさな声出しながら抵抗したが無視して
あそこに口をつけて愛撫すると声を殺してうなりだした。

それから指を入れると「怖い、優しくして」
と言うが無視して入れたらすぐに体震わせていった。

それから、あそこ舐めた口でキスすると嫌がる女性がいるのでまずいかな
と思いながら顔を母親に近づけるとむさぼる様なキスしてきた。

母親「ありがとう、もうこれだけで十分」
こう言われたので俺も十分だと思って髪の毛や体、乳房を撫でてまどろんでた。

51: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:37:08 ID:LG6R6MMD0
そしたら、バレバレだけど彼女が部屋にこっそり入ってきて、
「お母さんまだ生理あるからこれ使って」とコンドーム渡してきた。

俺「もう終わったよ」
母親「ありがとう、××」

彼女「えーまだでしょう?」
俺「もういいんだって、○○さん逝っちゃったよ」

彼女「駄目、最後までやって」
母親「もういいよ、ずっとやってないし最後までは無理だと思う」
俺「○○さんはまだまだ若いからそんなこと無いと思うけど」
彼女「でしょ?」
母親「そんなことないよ、39ちゃんも起たないだろうから」
俺「そんなこと無いよ、今は落ち着いて柔らかいけど」

52: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:39:23 ID:LG6R6MMD0
「そんなこと無いよ」の応酬だったが
彼女「起たせてあげる」といって咥えてきましたorz
母親「あなた、大胆ね」と言いながら唖然と眺めてた。

彼女に起たされた後ゴムつけられて「ほらっ」とあそこはじかれた。
俺「わかったから出てけよ(マジ」

あとは彼女が素直に出て行ったので、また母親と濃厚なキスした後、
濡れが悪いと痛いだろうと思いあそこにたっぷりと唾をつけて入れた。
やはり母親は怖がったけど十分に濡れてたみたいでちょっと力入れると
いきなり半分ぐらい入ってしまった。
母親が「あっ」とあえいだので「大丈夫?」って聞くともう首振りながら息絶え絶えに
「大丈夫」と答えたので徐々に奥まで入れた。
「あーーー」と息吐いて「奥まで来てるー」と言う声聞いたらもう
俺は興奮しすぎてゆっくり動かすこと出来なくなった。

53: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:39:54 ID:LG6R6MMD0
そして、出し入れ繰り返すと「駄目、久しぶりだから優しくして」と言って来た。
俺が「痛いですか」と問いかけると「大丈夫、でも怖いからゆっくりして」と答えてくる。

でももう興奮が絶好調だし、ゆっくり動かし続けて息子が柔らかくなるのが嫌なので
母親の言葉を無視して「痛くないか」を確認しながら出し入れを繰り返した。
そうすると母親は逝った事を隠していたが、何度かあそこも体も震えるように
痙攣させていたので逝ったことが確認できた。
逝った後も暫くとめて出し入れを始めると「もうだめ、休ませて」といいながらもすぐ感じ始めた。

それから最後は母親の「もう一緒に逝こう一緒に逝こうよー」というあえぎに
かわいそうに思えてきたため俺が逝くために激しく出し入れをした。
「一緒に逝くから我慢して」と言うと「早く早く逝ってーーー」
ともう周り気にせず声をあげてきたので興奮が絶好調に達した。
すると母親の「駄目ーーーもう逝くーーーー」という声とともに今までより強い締め付けが襲い
「俺も逝くよ」と答えて出し入れしながら最後に奥に押し付けるように突いて出した。

54: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:40:25 ID:LG6R6MMD0
それから母親はぐったりして死んだようになってた。
でも息はしてるようなので優しく首筋に手を当てながら何度か口にやさしいキスしてた。
母親は目瞑ったまま「ありがとう」となぜか目じり濡らしてた。

その後、彼女はいつのまにか床に腹ばいになって見てたのに気づいて「お前、何覗いてんねん」と言うと
彼女がニヤニヤしながら一言「よかったね」

その後は彼女が服を脱いで二人の布団の中に入ってきていろんな話した。
話がひと段落すると彼女がまた咥えてきて「お母さんたちのエッチを覗いたお詫び」と言って、
彼女と俺のエッチをお母さんに見てもらいながらやった。
彼女もいつもの恥ずかしがりはどこに行ったかというほど大胆で凄い乱れようだった。
母親も「いつもこんな激しいセックスしてるの?」と聞くほどだった。

それからしばらくは3人でやるということは無かったけど、
彼女が生理の時は母親に貸し出しと言う感じでエッチを重ねた。

55: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:42:10 ID:LG6R6MMD0
半年ぐらいたつと酔っ払った時三人でちょっとしたゲームの罰ゲームにエッチなことしたりするようになった。
でもせいぜい愛撫や見せあいっこで、我慢できない時は順番に部屋に行ってやったりした。
旅行行くと部屋が一緒なのでじゃんけんやゲームで順番を決めてやったりもした。

これからもこの変な関係は続くのか?よく分からないです。
彼女の言い分は、俺の浮気防止と、母親との大事なものの共有と、彼女のエッチ願望だそうです。
普段は彼女も母親もエッチも大人しいし、恥ずかしがりやですが家(実家)でお酒が入ると大胆になります。
家以外ではお酒が入っても普通にしてます。
それから二人を相手にしてても彼女たちは無節操に求めてくることは無いので負担はありません。

あと最後に投下時に気付いたけど「39ちゃん」は「32ちゃん」はの間違えで、おれは>>32です。

56: 名無しの@ピンキー 2007/03/31(土) 21:50:39 ID:CVQJKW/20
お疲れです なんというら山な状況 ちなみに氏は何歳くらいでしょう?

57: 名無しの@ピンキー 2007/04/01(日) 00:23:55 ID:/coBUwSo0
>>56
母親よりは5つ以上若いですが見た目は母親の方とカップルの方がいいくらいです。
彼女とは一回り以上違います。
母親の年齢ははっきりと聞いてないので日常会話から逆算した結果です。
これ以上は勘弁してください。

58: 名無しの@ピンキー 2007/04/01(日) 00:26:16 ID:/coBUwSo0
それから>>42の年齢は母親(義母)と関係を持った年齢で現在の年齢は違います。
ごめんなさい。

59: 名無しの@ピンキー 2007/04/01(日) 06:42:51 ID:WnoIfvIj0
俺は姉ちゃんと今でも続いている
俺42、姉ちゃん45
最初は俺が高2のときだった
姉ちゃんが就職して彼氏(今のダンナ)が出来るまで
3年くらいやりまくっていた
姉ちゃんが嫁に行って、終わっていたが
俺も結婚して嫁が長男を産んでしばらく実家へ帰っていたとき
姉ちゃんがひょっこり俺のマンションに来て「溜まってるやろ?」
って、フェラしてくれて姉ちゃんの口の中で果てた
それで、止めようと思ったけどホントに俺も溜まってたから
2回目な懐かしい姉ちゃんのオマンコで果てた
それいらい16~7年、関係は続いている

65: 名無しの@ピンキー 2007/04/03(火) 23:44:49 ID:ah06XA9x0
>>61
姉ちゃんと俺は今でも月に1~2回オマンコする。
大抵は姉ちゃんのダンナが出張でいない日に、嫁には付き合いだ、と言って
会社帰りに夕飯とオマンコをゴチになって帰る。
姉ちゃんのダンナは53歳だから、最近はめっきりご無沙汰らしい。
と言うか、ここ2~3年はしてないみたい。ま、俺の存在も原因の1つだろう。
もちろん、姉ちゃんのダンナは気付いていない。
姉ちゃんのオマンコは子供を生んでいないから未だに綺麗で締りがいい。
それに子供ができないのでいつも生で中出しOKだし。
ダンナは最初から淡白だったようで、姉ちゃんのSEXはもっぱら俺だった。
まあ、この関係は2人とも死ぬまで秘密だ。それがお互いの伴侶に対する
誠意だね。って勝手な論理だね。

66: 名無しの@ピンキー 2007/04/05(木) 05:11:48 ID:tkqI+XqW0
>>65
大変?だな
それにしてもエロさが滲み出て来ない普通の夫婦のそれのようだな
もうちょっとエロく馴れ初めでも教えてくれ

-体験談
-, , , , ,

Copyright© 熟女ツーショットダイヤル , 2018 All Rights Reserved.